無料ブログはココログ

«  きょうは歌会始  撰者の永田さんについてひとこと | トップページ |  ハングリー精神に欠ける »

2012年1月14日 (土)

立川談笑・・・幇間シリーズ

きのう、立川談笑の独演会に行ってきた。

演目はあらかじめ決まっていて、今回は幇間シリーズ。「たいこ腹」「愛宕山」「鰻の幇間」と、ポピュラーな演目。

「たいこ腹」は柳家喬太郎がベストと思っている。「愛宕山」は上方の噺だから、桂文珍か。枝雀もいいがライブでは聴いていない。「鰻の幇間」は、志ん朝だろうな。

それを談笑流にどう料理するか、直球でいくか、変化球でいくか、このあたりが楽しみであった。

まくらは短め。いま幇間はほとんどいない。しいてあげればタレントのせんだみつお、といって笑わせ、予定にない「山号寺号」をやる。サービスね。この話も幇間の一八がでてくる噺だ。○○山○○寺という語呂合わせ。車屋さん広小路とか、お父さんいぼ痔とか、あれである。

つづいて「たいこ腹」と「愛宕山」。これはめずらしく本寸法と言おうかオーソドックスと言おうか、直球。「愛宕山」は熱演であったが、談笑らしさに欠ける。ファンの期待とはすこしずれる。

中入り後は「鰻の幇間」。これは変化球できた。

幇間が街で出会った客、見たことがあるような見たことがないような名前も思い出せない客に連れられ鰻屋にはいりごちそうになるという噺であるが、鰻屋ではなく、これが韓国焼肉屋という設定になる。イラサリマケー(いらっしゃいませ)と迎えられ、つまみはキムチ、にごり酒はまっこり、ただし鰻のかば焼きはすごく旨いということで、談笑ワールドに引きづり込まれる。オチは普通にと思いきや、これが笑っちゃうような落とし方で結構でした。

終了後、評論家の広瀬和生さんとのトークがあった。これからの立川流についてはあらためて公式発表があるので、待っていてほしいとのこと。

広瀬さんによると、立川談四楼がBURRN!(ヘビメタ雑誌)に立川流の今後についてかなり突っ込んだことを書いているとの話があった。2月3日発売だそうだ。

広瀬さんは落語評論家だが、ヘビメタ雑誌の編集長でもある。

立川こしらのステージママでもある。

«  きょうは歌会始  撰者の永田さんについてひとこと | トップページ |  ハングリー精神に欠ける »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立川談笑・・・幇間シリーズ:

«  きょうは歌会始  撰者の永田さんについてひとこと | トップページ |  ハングリー精神に欠ける »