無料ブログはココログ

«  『冷血』 合田刑事は自問する。 | トップページ | 「東京家族」 ローアングルという視点 »

2013年1月25日 (金)

柳家喬太郎・・・この落語家を聴け!

落語ファン(落語を比較的よく聴く人)に人気投票をさせたら、たぶん柳家喬太郎が一位になるだろう。志の輔や談春の方が上だろうという意見もあろうから、それを考慮するとしても、ベストスリーに入ることは間違いない。文句なくおもしろいし、上手い。
 昨夜はその喬太郎の落語会(北沢タウンホール)に行ってきた。この会は、落語二席をはさんで評論家の広瀬和生さんのインタビューで構成されている。
 演目を先に紹介しておく。

「鸚鵡の徳利」 「仁侠流山動物園」

いずれも知らない演目である。
「東京ホテトル音頭」の出囃子で喬太郎が登場。第一声に、えっと驚く。声が・・・かすれている。風邪をひいて咽をやられたようだ。苦しそう。談志の気持がよくわかる。大丈夫かと思ったが、話し始めると次第に調子も戻ってきた。ときどき咳こむが。
「鸚鵡の徳利」は、徳利がテープレコーダーがわりになり、寄席風景を録音してくるという噺。で、その寄席の様子となる。ここからが、モノマネ芸となり、前座から真打までが登場する。入船亭扇辰、二街道雲助、三遊亭円丈、林家正楽(紙切り)、鈴々舎馬風、柳家せん喬。漏らした噺家もいるかもしれないけれど、記憶をたどると登場した人物はそんなところである。声がガラガラだから声質は似ていないが、口調や雰囲気は似ている。これは受ける。モノマネは小朝も得意で、感心したことがある。落語のうまい人はモノマネも上手ということだ。談志もうまかった。

広瀬さんのインタビューは長かった。小一時間かかった。広瀬さんが話題にしたのは、人気ナンバーワンという世の評価と、まだまだ未熟で精進しなければならない自分の気持ちとのギャップである。そのギャップに悩んでいるように見受けられたというのである。そうだろうな。プレッシャーである。
 喬太郎は、江戸の風とか匂いがしないと師匠などから言われることがあったと告白している。だからもっと精進しなくてはいけない。しかし自分のスタイルは変えることはできない。ふっきっちゃえと思えばよい。そんなふうに喬太郎は答えていた。そうよね。江戸の風は柳家三三あたりにまかせておけばよい。
 インタビューはまじめな話題ばかりではなく、爆笑ネタも多かった。たとえば「芝浜」をアメリカのテレビドラマ風にやってみたいという。吹替えである。ちょっとやってみせてくれた。先行例では、友近となだぎ武のディランとキャサリンがある。あのイメージ。これも一興である。

さて、中入り後はすでに9時を回っていた。「仁侠流山動物園」。三遊亭白鳥の新作落語だそうだが、聴いたことがないので知らない。実のところ、白鳥落語はよくわからない。さしておもしろいとも思わない。それを喬太郎が演じるとどうなるかである。
 声が出にくいなか、熱演であった。ガラガラ声がどすの利いた響きとなり、トラやパンダ親分の声に凄みが感じられた。「動物園」という上方落語があるが、あのしぐさも採り入れている。
 客の入りの悪い流山動物園を豚や牛が人気を回復させるというナンセンス噺である。そのばかばかしさがおもしろい。園長(円朝)師匠などというクスグリもある。

 たっぷり笑わせてもらった。喬太郎はいい。チケットのとれない中、実は、週末も喬太郎の独演会を予定している。いいだろう。うらやましいだろ。

«  『冷血』 合田刑事は自問する。 | トップページ | 「東京家族」 ローアングルという視点 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柳家喬太郎・・・この落語家を聴け!:

«  『冷血』 合田刑事は自問する。 | トップページ | 「東京家族」 ローアングルという視点 »