無料ブログはココログ

« 志の輔らくご 「牡丹灯籠」 | トップページ | 「風立ちぬ」  宮崎流 »

2013年7月21日 (日)

 白酒・一之輔 毒吐き二人会 

 

 

 きのうは、鶴川落語会に行ってきた。桃月庵白酒と春風亭一之輔の二人会である。場所は和光大学ポプリホール。最近できた施設である。鶴川落語会は一月おきに開催されており、今回は第三回目。前回、前々回とも旅行などで聴くことができなかった。とくに前回は権太楼の独演会だったので、聴けなかったのは残念だった。

 白酒と一之輔。いずれも若手の人気噺家である。
演目を紹介しておく。

  だくだく     白酒
青菜      一之輔
加賀の千代  一之輔
千両みかん  白酒

「青菜」は一之輔の得意ネタのひとつ。夏にふさわしい噺である。マクラで太田蜀山人の狂歌がでてくる。「庭に水 新し畳 伊予すだれ すきやちぢみに 色白のたぼ」。
 こ
の狂歌の話を始めると、常連客は、ああ、また青菜かよという顔をする。一之輔は、イントロで太田と言うだけでわかってしまうのはシャクだから、太田と言ってから裕美と続けてやろうと考えていると言う。木綿のハンカチーフね。
 ということだから、青菜はやらないかと思っていたら、「植木屋さん、精が出ますねえ」と青菜になった。なんだ、やっぱり、青菜を演るのかよ。何度聴いても面白いのだから、それでよい。
 いつもながら、小気味のいいテンポで、ここちよい。

 二人会は二席ずつやる。出囃子はいつものものともうひとつ。もうひとつはお囃子さんにおまかせということで、白酒の出囃子は「アンパンマン」だった。なるほどネ。

 顔は丸く、温厚な印象を与えるが、古典噺の中に、するどい皮肉やつっこみが入る。評論家の広瀬さんが、羊の皮をかぶった狼落語家と評したことがあった。今回は「だくだく」がよかった。いつもながらの汗もだくだくの熱演であったが、座布団返し際、前座の春風亭一力が床を拭いていたのが面白かった。

パンフレットのサブタイトルに、「毒吐き二人会」とあった。なるほど、そうだね。二人とも、毒と皮肉を古典噺にたっぷり折り込んで爆笑へと誘うタイプの噺家である。

別件。会場だが、ちょっと気になったことがある。声が割れるのだ。響き過ぎるような気がした。マイクのせいなのか。私が座った場所が悪いのか。

« 志の輔らくご 「牡丹灯籠」 | トップページ | 「風立ちぬ」  宮崎流 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  白酒・一之輔 毒吐き二人会 :

« 志の輔らくご 「牡丹灯籠」 | トップページ | 「風立ちぬ」  宮崎流 »