無料ブログはココログ

« 「飛べ!ダコタ」(2)  映画に膨らみをもたらすもの | トップページ | じゅげむの会  こみちの子育て »

2013年11月 5日 (火)

「マッキー」  ハエ男の倍返し!

 わざわざ六本木まで出かけて「マッキー」を観てきた。インド映画である。


ジャニ青年は美しいビンドゥに思いを寄せていた。そこに大会社の社長・スティーブが割り込んでくる。スティーブはジャニをなぶり殺しにしてしまう。ジャニは死んだが、ハエに生まれ変わっていた。ジャニは恨みをはらすべくスティーブに襲い掛かる。
ハエである。ハチとか犬に生まれ変わって復讐するなら、なんとなくわかるのだが、ハエなのである。うるさくスティーブにまとわりついて、ノイローゼ気味にさせてしてしまう。うるさいは漢字だと五月蠅いと書くから、ハエでいいのかもしれない。殺虫剤を片手にハエを追うスティーブの顔がおもしろい。

 タイトルの「マッキー」はインドのことばでハエのこと。映画の題名を「ハエ男の復讐」、あるいは近ごろの流行語にあわせて「ハエ男の倍返し!」としてもいいのだが、ハエ男だとホラー映画を連想させてしまうかもしれない。ジャンル分けすれば、ファンタジー・コメディになる。輪廻転生を喜劇仕立てにし、誰でも楽しめる映画にしている。ハエに演技をさせるのだから、結構面倒だが、CGをうまく使って撮影している。 
ストーリーは単純で、わかりやすい。たわいもない話で、ま、コミカルな劇画を映像にしたと思っていただければよい。そうではあるけれど、映像はいいし、音楽もいい。これぞインド映画、いかにもインド的と言ってしまっていいかどうかわからないけれど、これがインド映画だと納得してもいいのではないか。
 歌って踊ってのシーンはないけれど、いや、ハエが踊るシーンはある。ハエが筋トレをするシーンもある。これには笑ってしまった。
筋トレをするハエ、想像できますか?

前代未聞! インド発のヒーローはハエ

« 「飛べ!ダコタ」(2)  映画に膨らみをもたらすもの | トップページ | じゅげむの会  こみちの子育て »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マッキー」  ハエ男の倍返し!:

« 「飛べ!ダコタ」(2)  映画に膨らみをもたらすもの | トップページ | じゅげむの会  こみちの子育て »