無料ブログはココログ

« いわき  花よりクラゲ | トップページ | 「罪の手ざわり」 変貌する中国社会の中で »

2014年7月24日 (木)

 萬橘馬るこプラスワン ゲストはぴっかり☆

 ブログに載せるのが遅くなった。じつは、兼好独演会の翌日の高座である。続けて落語ネタもなんだと思い、後回しにした。
 場所は前日に続いて北沢タウンホール。プロデュースも同じく広瀬和生さん。開口一番も三遊亭わん丈。こちらの座席も同じような場所だった。
 成城ホールでやっていたときは観客は少なかったが、下北に移ってからはよく入っている。ゲストのぴっかり☆目当てということはなかろう。やはり場所のせいか。
 演目を紹介しておく。
 三遊亭わん丈    無精床
 鈴々舎馬るこ    大安売り
 春風亭ぴっかり☆ ピーチボーイ
 鈴々舎馬るこ    千早振る
 三遊亭萬橘     湯屋番

 

 馬るこの「大安売り」は相撲ネタ。元相撲取りの噺家・三遊亭歌武蔵がよくやっている。勝ったり負けたりで全敗、つまり相手が勝ったりこちらが負けたりということ。それほど脱線せずやった。

 二席目の「千早振る」は立田川を相撲取りにしてしまう噺である。そうか相撲つながりにしたわけだ。ただし立田川をインド人にした。ちなみに瀧川鯉昇はモンゴル人にしている。和歌を勝手に解釈するわけだが、これが野球選手やサッカー選手にまで変えてしまっている。馬るこらしい改作である。

 ぴっかり☆は師匠得意のネタ、「ピーチボーイ」。「桃太郎」という古典噺を改作したもの。ぴっかり☆は、小学生のように小さいけど、声はでかく、明るい。これが売り。15分ぐらいの話だが、持ち時間はたっぷりあるので、マクラは長く、師匠ネタなど。噺のあとはかっぽれのサービス。
 さて、トリの萬橘。円楽一門の期待の星は兼好と萬橘だと兼好独演会の項で書いた。マクラでドメスティックバイオレンスの話をした。似合わない、と思っていたら家庭内で夫がいじめられている話だった。まあ、現実はそっちのほうが多いかもしれない。
湯屋番」は、番台に座った若旦那が妄想の世界に入っていくというお馴染みの古典である。異形な萬橘には粋な若旦那は似合わない。だから萬橘が若旦那を演じるとこうなる。笑ってしまう。

 

ついでのひとこと
 落語協会の理事会で真打昇進が決議された。10人が真打になる。年功序列、抜擢はない。市馬会長としては独自性よりも協会内融和を重んじたということか。これで、馬るこは真打候補の序列は9番目になるという。ということは来年昇進か。

 もうひとつ。柳家小三治人間国宝になる。めでたいことである。桂歌丸という選択肢はあったかもしれない。「笑点」で落語の広告塔を務めた点での貢献度はある。ただし、古典落語のうまさと点では小三治が勝る。

« いわき  花よりクラゲ | トップページ | 「罪の手ざわり」 変貌する中国社会の中で »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  萬橘馬るこプラスワン ゲストはぴっかり☆:

« いわき  花よりクラゲ | トップページ | 「罪の手ざわり」 変貌する中国社会の中で »