無料ブログはココログ

« 雲助・白酒親子会  本寸法でした。 | トップページ | 「しんゆり映画祭」  お薦めは台湾映画 »

2014年10月18日 (土)

「ふしぎな岬の物語」 小百合好みの映画

 

 吉永小百合企画・主演。ということで吉永小百合好みの映画になっている。

 悦子(吉永)は千葉の岬にある喫茶店を経営している。未亡人である。喫茶店には旨いコーヒーを目当てに徳さん(笹野高史)やタニサン(笑福亭鶴瓶)など常連客がやっている。何でも屋の甥のコージ(阿部寛)は悦子を見守っている。

 トラブルはあるが、とりたてて波乱があるわけではない。小さなエピソードを積み重ねていく。どうでもいいエピソードばかりといえば素っ気ない感想になるが、僧侶と神父(牧師?)の仲が悪いとか、阿部寛のプロレス姿や裸のシーンも、本筋とは関係がない。春風亭昇太も出演している。小池栄子と結婚する役。これもどうでもいいが、ちょっと笑ってしまう。

 徳さんの娘のみどり(竹内結子)が東京から帰ってくる。徳さんは体調が思わしくない。タニさんも関西への転勤の話が持ち上がる。この岬にもさざ波が立ち始める。悦子の心も乱れる。といった物語である。

 吉永小百合の企画だから、吉永好みの著名俳優がたくさん登場している。まあ、これが見ものかな。杉田二郎、堀内孝雄などのフォークの連中も出ている。亡くなった米倉斉加年も医者役で出ている。

 金子みすゞの詩も流れるといった具合である。

映画の出来としては、フツー。「蜩ノ記」と比べると、もの足りない。

 

« 雲助・白酒親子会  本寸法でした。 | トップページ | 「しんゆり映画祭」  お薦めは台湾映画 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ふしぎな岬の物語」 小百合好みの映画:

« 雲助・白酒親子会  本寸法でした。 | トップページ | 「しんゆり映画祭」  お薦めは台湾映画 »