無料ブログはココログ

« 『ジャーニー・ボーイ』 イザベラ・バードが見た日本 | トップページ | 「ふしぎな岬の物語」 小百合好みの映画 »

2014年10月16日 (木)

雲助・白酒親子会  本寸法でした。

 

 鶴川落語会の余韻が残る中、五街道雲助・桃月庵白酒親子会(成城ホール)に行ってきた。

 雲助もそうだが、その弟子には落語家らしくない変わった名前が並ぶ。桃月庵白酒、隅田川馬石、蜃気楼龍玉。雲助の趣味か。雲助自身も先代馬生の弟子だから、金原亭か古今亭であってもおかしくない。このあたりはよくわからない。

 今回の親子会、二席ずつの予定だったが、師匠の雲助が一席じっくりやりたいとのことで、三席となった。

 

 白酒   茗荷宿

 雲助   淀五郎

 白酒   井戸の茶碗

 

 いずれもポピュラーな演目だが、「茗荷宿」は最近はあまり聴かない。茗荷を食べると物忘れをするようになるという俗説を題材にした噺である。宿屋の主が、客の飛脚からあずかった金を忘れるよう茗荷づくしの料理を出すが、客は金は忘れず、宿賃を払い忘れていってしまうというオチ。

 白酒らしく、ちょっぴり毒(悪口)を吐きながらの高座であった。

 雲助は、落語界を代表する本格的派の噺家である。本寸法である。

「淀五郎」は、忠臣蔵の四段目、判官切腹の場面から話題をとった噺である。歌舞伎のセリフ回しやしぐさが身についてないと演じることはできない。こういう噺は雲助の得意とするところである。白酒もこういう噺を演やってみたらと、お手本をみせるようなできばえであった。

「井戸の茶碗」はもっとも演じられることが多いネタの一つ。じっくり、丁寧に演った。白酒らしい雰囲気もよく出ていた。

 

鶴川落語会はたっぷり笑わせてもらったが、今回の親子会はじっくり聴かせてもらった。

« 『ジャーニー・ボーイ』 イザベラ・バードが見た日本 | トップページ | 「ふしぎな岬の物語」 小百合好みの映画 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲助・白酒親子会  本寸法でした。:

« 『ジャーニー・ボーイ』 イザベラ・バードが見た日本 | トップページ | 「ふしぎな岬の物語」 小百合好みの映画 »