無料ブログはココログ

« 「100歳の華麗なる冒険」 アランの数奇な人生 | トップページ | 「バンクーバーの朝日」 »

2014年12月27日 (土)

歌いまくる市馬

 ことしも「年忘れ 市馬落語集」が聴き納めとなる、たぶん。場所は昨年と同様、新宿文化センターの大ホール。前半は落語、後半は歌謡ショーとなる。

 前半の落語の演者と演目はつぎのとおり。

 柳亭市馬    厄払い

 春風亭一之輔 時そば

 柳家三三    釜どろ

 桃月庵白酒  喧嘩長屋

 この落語会、落語より歌謡ショーの色彩が濃い。で、演目は前座噺というか短いものになる。しかし、演者はいずれも実力派ぞろい(「笑点」のメンバーより上手い)だから、聴いていて心地よい。一之輔の「時そば」にしても一味ちがう。工夫も凝らし、より進化している。

 といったことはさておき、後半は市馬が歌いまくる。昭和歌謡である。曲名はチラシの写真をご覧いただきたい。私の好みでいうと、「赤い夕陽の故郷」「男のブルース」。

後期高齢者向きの懐メロが並ぶが、客層は以前に比べると若返ったような気がする。震災前、九段ホールでやったときなどは、老人ホームからかけつけたような人が多かった。市馬ファンも若返っているのかもしれない。

R0011598

 市馬はただ楽しそうに歌う。演奏は、クミ伊藤とニューサウンズオーケストラ。そのなかに林家正蔵おぼん(漫才)が例年どおりトランペット・トロンボーン奏者として加わっている。

途中、ゲストで柳家喬太郎が登場。今回は落語ではなく、歌う。もちろん「東京ホテトル音頭」である。

あっという間に時間は過ぎていった。フィナーレは出演者全員で「青い山脈」。

いい寄合であった。帰りの寒さ(新宿までは20分ぐらい歩く)も心地よかった。

« 「100歳の華麗なる冒険」 アランの数奇な人生 | トップページ | 「バンクーバーの朝日」 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌いまくる市馬:

« 「100歳の華麗なる冒険」 アランの数奇な人生 | トップページ | 「バンクーバーの朝日」 »