無料ブログはココログ

« 棹は三年 櫓はムニャムニャ | トップページ | ちょっと辛口なんですが・・・映画評 »

2015年6月 4日 (木)

生田寄席  今回は入船亭扇遊 

 久しぶりに落語会に行ってきた。五月は一回行ったきり。ほぼ一か月ぶりである。

 場所はよみうりランド前の棕櫚亭。演者は入船亭扇遊。扇橋門下のベテランである。人柄の良さを感じさせる噺家である。

 演目を紹介しておく。開口一番は入船亭辰のこ。同門の扇辰の弟子である。

 

 辰のこ  千早振る

 扇遊    夢の酒 

青菜 

お見立て

 おなじみの噺である。

「夢の酒」はその名のとおり夢の噺。夢をテーマにした噺は多い。ちょいと思いつくだけでも、ねずみ穴、天狗裁き、宮戸川(下)、夢金などがある。芝浜は、オチに、また夢になるといけないが出てくるが夢の噺ではない。夢の酒は、若旦那が見た夢の続きを大旦那が見るという妙なストーリー。ばかばかしいところがよい。

当初は二席の予定だったが、もう一席ということで「青菜」をやった。「船徳」と並んで夏の代表的な噺である。付け焼刃は剥げやすいということわざをテーマにしている。

 中入り後は「お見立て」。上客に嫌気がさした花魁が病気だと言って客と会うのを断る噺である。見舞いをしたいと客は面会を諦めないので死んだことにしてしまうが、墓参りがしたいということになり・・・・、映画「幕末太陽傳」のラストシーンはこの噺をベースにしている。

 扇遊さんはどれも明るく演じた。酒を呑むシーンが見せどころであった。(写真は終演後の扇遊さん)

R0012190

ところで、扇遊さんの師匠・扇橋は俳句を得意としている。いや、俳句も、である。「東京やなぎ句会」の宗匠。メンバーには、永六輔、柳家小三治、加藤武、矢野誠一、鬼籍に入った人では、江國滋、小沢昭一、桂米朝などがいる。そうそうたるメンバーである。

 師匠は、ちかごろは高座に出ていない。病気で床に伏していると聞いている。以前(三年ほど前か五年ほど前か)、高座を聴いたことがある。声が弱弱しくなっていたのを思い出す。ちょっと気になる。

« 棹は三年 櫓はムニャムニャ | トップページ | ちょっと辛口なんですが・・・映画評 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生田寄席  今回は入船亭扇遊 :

« 棹は三年 櫓はムニャムニャ | トップページ | ちょっと辛口なんですが・・・映画評 »