無料ブログはココログ

« 台北は今日も雨だった ④ | トップページ | 鶴川落語会 さん喬・権太楼二人会 »

2016年3月28日 (月)

 鶴川落語 ダブルヘッダー

 

 きのう、「鶴川落語会」に行ってきた。今回ダブルヘッダー。昼席と夕席がある。

 昼席は「コワモテ落語会」。夕席は「さん喬・権太楼二人会」。

 コワモテは橘家文左衛門林家彦いち三遊亭白鳥の三人会。文左衛門のこわもてはわかるが、彦いち、白鳥はそうでもない。どうなんだろうか。文左衛門はこの秋、文蔵を襲名する。その前に聴いておきたい。

「さん喬・権太楼二人会」も聴き逃せない。落語協会の重鎮の二人。小三治が人間国宝なら、二人は準人間国宝である。

 これをダブルで聴くと5時間ぐらいになる。腰は痛くなるし、笑い過ぎてあごもくたびれるかもしれない。まあ、たまにはいいでしょう。

 

  昼席の演目を紹介しておく。落語の前に、寄席囃子の解説があったが、それは省略。

  白鳥  ナースコール 

彦いち  長島の満月

  文左衛門 試し酒

 

白鳥はマクラで、いつものように新潟(出身地)の母親ネタ。「ナースコール」はもちろんオリジナルネタである。おバカな看護師みどりちゃんの噺。白鳥らしくギャグ満載であった。たとえば、もらったナイチンゲール賞のメダルを見せると、これがメンソレータムのふただった。どうりで目がツンとした、とか。

 彦いちは、「エベレスト 神々の山嶺」にチョイ役で出ている。そのときのエピソード。これがおもしろかった。古典落語風に大仰に演技をすると、これがダメだし。やり直し。自然体でやるとオーケー。ま、そうだろうね。

 「長島の満月」はオリジナル噺。大学時代の合コンで、話を振られてもしゃべることができない男が主人公。自身の経験ということだ。ずいぶん暗かったのね。

 トリは文左衛門。マクラはしろ魚を食べたときのエピソード。しろ魚が鼻に入ってしまって大変だったことを大仰にしゃべる。会場、爆笑だった。

 演目の「試し酒」は、酒5升を飲むというストーリーである。これを豪快に飲み干す。このあたりの演技はすごい。たっぷり演じた。繊細な女性を演じてもうまいが、豪快な芸はこの人らしい。

ということで、昼席は終了。満足した。

 夕席の話はまた明日、ということで。

« 台北は今日も雨だった ④ | トップページ | 鶴川落語会 さん喬・権太楼二人会 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  鶴川落語 ダブルヘッダー:

« 台北は今日も雨だった ④ | トップページ | 鶴川落語会 さん喬・権太楼二人会 »