無料ブログはココログ

« 「FAKE」 その後の佐村河内さん | トップページ |  映画音楽を楽しんできました。 »

2016年6月23日 (木)

「凄いタローの会」  権太楼の御意見

 

凄いタローの会」という落語会に行ってきた。出演するのはタローと名の付く噺家である。

安易な企画である。思いつくままタローをあげてみると、柳家権太楼、柳家喬太郎、昔昔亭桃太郎、橘家圓太郎、桂米多朗、桂枝太郎・・・・、楽太郎は、今は、いないか、

 今回の出演者は、柳家権太楼、以下は若手、立川志の太郎、昔昔亭A太郎、三遊亭歌太郎。

 権太楼は落語協会の重鎮、爆笑王である。あとのタローは二つ目である。

 演目

志の太郎 千早振る

A太郎   罪と罰

歌太郎   厩火事

権太楼   猫の災難

 

一番受けたのは、もちろん権太楼。酒を旨そうに呑むしぐさは天下一品。芸の質が違う。当たり前か。

A太郎の「罪と罰」は新作。元気なお婆ちゃんが登場する。間抜けな強盗が刃物を突きつけたものの刃物売りと勘違いされ料理をやらされるという滑稽噺。おもしろかった。とぼけた味は師匠 昔亭桃太郎譲り。

歌太郎の「厩火事」は先だっての志ん輔の独演会でも聴いた。志ん輔と比べると、前半がクドイというかモタモタしている。

 

アフタートークがあった。

若手タローが権太楼に質問するというコーナー。まずは話題の「笑点」について。

今回の交代劇には触れず、むかし、NHKの番組で「笑点」をけなして始末書を取られたという話。で、「笑点」には出入り禁止になっているのだそうだ。同様に円丈も出入り禁止とか。

今回の若手タローの落語へのコメント。これが面白かった。

歌太郎の「厩火事」について、まだ声が若い、ある程度の年齢にならないとこの噺の味は出せないとコメント。これは納得できる。

やってもよい年齢というものがある。声の質が落ち着いてからやる演目がある。若いうちは、たとえば談志は「反対」「野ざらし」「源平」をいきおいでバンバンやっていた。すごかった。あるていど年齢が経ってから聴いたことがあるが、どうってことはなかった。そんなものだ。歳を取ってから「反対俥」は出来ない。

前座、二つ目のうちにたくさんの噺は身につけておくべきだが、高座に掛けるのはもっとあとにした方がよい。むかし、真打になったとき「たちきり」を満を持してやったが、まだ早かった。うけなかった。そういうものだ。

いかにも大御所の御意見だった。

権太楼の見解はそのとおりだろう。「反対俥」は飛んだり跳ねたりする。以前聴いた柳家喬太郎の「反対俥」はすごかった。印象に残っている。ちかごろはやらない。ま、無理だろうな、あの体型では。でも、聴いてみたい。

権太楼の「たちきり」も聴いてみたい。柳家さん喬のようにやらなくてよい。「爆笑編 たちきり」でよいから。

« 「FAKE」 その後の佐村河内さん | トップページ |  映画音楽を楽しんできました。 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「凄いタローの会」  権太楼の御意見:

« 「FAKE」 その後の佐村河内さん | トップページ |  映画音楽を楽しんできました。 »