無料ブログはココログ

« 「ブルーに生まれついて」 | トップページ | 「落語界うわさの真相」 続き »

2016年12月13日 (火)

「落語界うわさの真相」

 今年の落語界はどうだっただろうか、どんなことが起きたか。

 話題になったのは「笑点」メンバーの入れ替え(三平かよ)。文枝・円楽の不倫発覚(ゲス騒動)。文左衛門の文蔵襲名。喜多八逝去。さっと思いつくのはこのあたり。

 ことしの落語界を振り返る恒例のイベントが成城ホールで開かれた。前半は落語、後半は「落語界うわさの10大ニュース」のトークである。

 前半の落語は流すというか、力が入ってない。緩い。だからといって、つまらないわけではない。

 春風亭勢朝は小咄をつなげたような「親子ばなし」。勢朝は楽屋王である。トリをとったときでも前座とおなじように早く寄席に行って、おしゃべり。楽屋での座持ちは抜群だそうだ。しぜん落語界の事情に詳しくなる。裏事情にも通じている。ということで、このイベントにはふさわしいメンバーである。しかし落語は軽い。定番の小咄、去年も聴いたぞ!

 昔昔亭桃太郎は落語界のご意見番。いつものギャグ、せこい茶碗ネタも入れて得意の「カラオケ病院」。

 続いては三遊亭白鳥。出囃子なしで登場。音声機器が壊れたとのことで白鳥の湖はなし。冒頭、もう来年からは落語なしでいこうと高田文夫が語っていると報告。前半の落語の出来をみて決めたらしいとのことで会場は爆笑。

演目は「座席なき戦い」。秋葉原に行ったとき思いついたという三題噺、ことし一番演った演目だそうだ。

 マグロの頭、1500円の五番アイアン、山手線の三つのお題でつくったもの。けっこうおもしろかった。さすが新作の白鳥である。

 

 後半は、この三人に高田文夫を加えた十大ニュースのトーク。客もこれがお目当て。

 桃太郎のボケに高田がつっこむ、これに勢朝、白鳥がからむというパターンである。私は落語で大笑いすることは少ない。フフフといった程度の笑いであるが、このトークだけは笑いっぱなしになる。今回も一年でいちばん笑った。

 十大ニュースには冒頭で書いたものはもちろん入っている。うろ覚えの部分もあるが、思い出しつつメモ的に書いてみる。

 

・昇太は豪邸を建てた。さすが人気咄家である。でも、このメンバーにかかると辛辣になる。将来は孤独死、まちがいない、だって。

 

・三平が笑点メンバーに加わった。誰もが驚いた。別の咄家に決まっていたが一晩でひっくり返ったとの情報があると桃太郎。桂宮治も候補だったが本命は桂竹丸だったとのこと。なぜか。ほんとかね。

 

・円楽と文枝の不倫。あんなものは氷山の一角、何人もいたぞ。

関西ではこの話題にふれることはタブーになっているんだそうだ。ふーん、それほど文枝は力をもっているということか。

 

立川志らくが「ひるおび!」のレギュラーになった。だけど、コメントがおとなしくて、つまらない。確かに志らくらしくない。

 

 とここまで書いて、ちょっと疲れた。続きは明日にしよう。

« 「ブルーに生まれついて」 | トップページ | 「落語界うわさの真相」 続き »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「落語界うわさの真相」:

« 「ブルーに生まれついて」 | トップページ | 「落語界うわさの真相」 続き »