無料ブログはココログ

« 「とうもろこしの島」ジョージア版「裸の島」 | トップページ | 卒業記念公演 ミュージカル「コーラスライン」 »

2016年12月20日 (火)

トリネタ四席の競演

  

 久しぶりに恵比寿に行った。ガーデンプレイスのイルミネーションには人だかりができている。スマホで撮影あるいは自撮り。冬の風景として定着した。

 そこを通り抜けてガーデンホール。ここで落語ファンとしては見逃せない寄席があった。当節人気噺家四人がそれぞれトリネタとなるような演目をやる。

 三遊亭兼好   ねずみ

 春風亭一之輔 文七元結

 桃月庵白酒   二番煎じ

 橘家文蔵    芝浜

 贅沢な企画である。もっとも落語ファンでないとこの贅沢感はわからない。

 

 前座が高座にあがるとき滑ってひっくりかえりそうになった。笑いが起きる。開口一番は橘家門朗の「権助魚」。モンローね。

つづいてあがった兼好。マクラで、これだけトリネタばかりをたっぷりやると、皆さん疲れちゃって、前座がひっくりかえったことぐらいしか憶えていない、なんてことになっちゃうかもしれないと、笑いを誘った。

 はっきり言って「笑点」メンバーより落語がうまい噺家ばかりである。それぞれが芸をぶつける。いつも以上にたっぷりだった。

 こまかなコメントはよそう。ほんとにいつも以上に力が入り熱演だった。

 そのせいか、時間が大幅に伸びた。開演は7時。開口一番と10分間の休憩を入れて終わったのは10時20分だった。

恵比寿駅まで動く歩道で歩いて山手線に乗る。ラッシュだった。自宅にたどり着いたのはまもなく日付が変わる頃だった。

 

 ひとことこの落語会に文句をつけると、音響がひどかった。設備がどうかはわからないが、とくに高音部がキンキンひびいて耳障りだった。ホールの音響担当の怠慢である。

« 「とうもろこしの島」ジョージア版「裸の島」 | トップページ | 卒業記念公演 ミュージカル「コーラスライン」 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリネタ四席の競演:

« 「とうもろこしの島」ジョージア版「裸の島」 | トップページ | 卒業記念公演 ミュージカル「コーラスライン」 »