無料ブログはココログ

« 「私の履歴書」 江夏豊 | トップページ | にんじん品評会→鶴川落語→映画祭忘年会 »

2017年12月23日 (土)

 落語界 うわさの真相2017

 ことしも「年忘れ!落語界 うわさの真相~落語と大喜利トーク~2017」に行ってきた。

 ことしの話題はなんだったか。円歌師匠が88で亡くなった。○丸師匠はまだ生きている。(○は歌でも米でもよい)。小三治師匠、頸椎の手術(当人がアルツハイマーだと語ったので騒ぎになった)。成金のブレーク。などを思いつく。

 前半が落語で後半が10大ニュースという構成。落語の演目はつぎのとおり。

 春風亭勢朝  荒茶

 三遊亭白鳥  山奥寿司

 昔昔亭桃太郎 裕次郎物語

「荒茶」は戦国武将の茶会をおもしろおかしく描いたもの。勢朝はいつものように軽いギャグを盛り込んで演じる。笑える悪口が勢朝流である。

 白鳥は、マクラで点滴ネタ。これはこの前、ここ(成城ホール)でやったばかりじゃないか。演目は山奥にある寿司屋の噺。

 桃太郎はあいかわらずのいつものネタ。せこい茶碗。でも笑える。演目は「裕次郎物語」だが歌ったのは「嵐を呼ぶ男」。これをサングラスをかけて三番まで歌う。これもいつものとおり。

裕次郎なのに最後に歌ったのは「ルイジアナ・ママ」。勢朝、白鳥も入ってツイストを踊る。これにさらに飛び入りで、昇太が加わった。昇太も来てたんだと観客は大喜び。これも三番まで歌ったので、桃太郎以外はみんなフラフラ。ということで、前半は大爆笑で終わった。

 

中入り後は、高田文夫司会で10大ニュースのトーク。昇太も途中から参加した。

 きわどい話がいくつも出たが、差しさわりがあるのでそれは書くのは止めておく。で、そこからいくつか。

  噺家の数が900人を越したそうだ。これだけ多いと食えない噺家がたくさん出てくる。真打でもアルバイトをしているのが何人もいるとか。「今戸の狐」という古典噺がある。師匠に隠れて内職をする二つ目の噺家の話。それを思い出す。いくら落語ブームと言っても、活動の場はそうはない。厳しい世界になっている。

 再来年、NHKの大河ドラマは昭和を描く。たけしが志ん生に扮するということで、これも十大ニュースに入っていた。再来年の話だけどね。高田文夫は、アベべ役で出たいとNHKのディレクターに申し入れたら、あっさり断られたそうだ。ま、そうだろうね。

 林家一族もゆれまくる。三平がいつ笑点をクビになるかとか、ペー・パー子の住居騒動とか、泰葉騒動。自己破産するとかしたとか。話題が豊富な一族である。

最後にひとつ。川柳川柳がズボンを穿かずに寄席にきたというエピソード。証拠の写真がスライドに映された。

 ということで、笑いっぱなしの一時間だった。

« 「私の履歴書」 江夏豊 | トップページ | にんじん品評会→鶴川落語→映画祭忘年会 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  落語界 うわさの真相2017:

« 「私の履歴書」 江夏豊 | トップページ | にんじん品評会→鶴川落語→映画祭忘年会 »