無料ブログはココログ

«  本厚木で、鯉昇・扇遊二人会  | トップページ | 「今さら言えない小さな秘密」 »

2019年11月21日 (木)

小痴楽 真打昇進披露

 国立演芸場11月中席に行ってきた。柳亭小痴楽真打昇進披露の最終日。40日にわたる披露の千秋楽となる。最後で間に合った。大入り満席。座席は最後列だったが、ここは最後列でもオペラグラスを使うほどの距離ではない。

 小痴楽は、芸術協会の若手二つ目のグループ「成金」で人気を博した。講談の松之丞を除いて、いちばん光っていた。年功序列もあるが、昇進は妥当である。芸術協会での単独真打昇進はひさしぶりとのこと。

 Img_20191120_121344-1

  千秋楽だから当人も高座に上る芸人も開放感がある。きょうで終わりだ! 落語より打ち上げ、という雰囲気が漂っていた。桂宮治などうるさいほど陽気だった。

 で、いくつかを記しておく。

 桂竹丸。小咄をいくつか並べて笑わせる。これでおわるかと思ったら、最後に、とってつけたように軽く「松山鏡」。ま、披露の会だからね。

 ばかばかしく派手だったのは、三笑亭夢花の「祇園祭」。大仰に笑って後ろに倒れる。そっくり返ると言うべきか。これをなんども繰り返した。

夢花が長引いて、小痴楽の師匠の柳亭楽輔は短めとなった。柳亭痴楽(4代目、綴り方狂室で一世を風靡した)のものまねを披露。われわれの世代には懐かしい。

柳亭痴楽はいい男、鶴田浩二や錦之介、それよりずっといい男・・・というフレーズをご記憶の方は多いだろう。

で、トリは、もちろん小痴楽。演目は「大工調べ」だった。披露興行の初日も「大工調べ」だったと聞く。どのぐらいやったかどうかはわからないが、得意ネタということだろう。

 この噺、大工の棟梁の言い立てが聴きどころだが、小痴楽は、もちろんそれをやったのだが、それより与太郎が印象に残った。痴楽のキャラといかにもひ弱な与太郎が重なって可笑しかった。

 結構でした。次の芸協の真打昇進は、宮治、かな。 

«  本厚木で、鯉昇・扇遊二人会  | トップページ | 「今さら言えない小さな秘密」 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

«  本厚木で、鯉昇・扇遊二人会  | トップページ | 「今さら言えない小さな秘密」 »