無料ブログはココログ

«  円丈逝く | トップページ | 正蔵・喬太郎 ガチンコ二人会 »

2021年12月10日 (金)

シネマジャズライブ

 むかしは、昭和の時代までは、映画音楽は今より身近にあった。映画音楽がヒットソングとなり、スタンダードナンバーとなった。歌だけがヒットするものもあった。

「ムーンリバー」「虹の彼方に」などは大ヒット曲だが、映画の題名となると、さて、という人が多いのではないか。最後のヒット曲は、「ニュー・シネマ・パラダイス」あたりか。以後、スタンダードナンバーになったものはほとんどない。

Dsc_2400

 昭和音大で、シネマジャズを聴いてきた。「ジャズピアノでたどる名作の数々」とサブタイトルがついている。映画音楽をジャズにアレンジしたコンサートである。写真は昭和音大のイルミネーション。

Dsc_2399

 ピアノは秋田慎治。音大でも教えている。

前半はアカデミー賞をとった映画の曲(オズの魔法使いとかタイタニック)、後半は比較的新しい映画の曲(ラ・ラ・ランドとかリメンバー・ミー)という構成だが、馴染みがあるのは前半である。

といってもジャズアレンジだからメロディはどうでもよい。響きは心地よい。ライブはテレビやCDとは断然違う。ゆったりした気分になる。晴れやかでもある。

今朝、NHKの連ドラ、「カムカムエヴリバディ」で世良公則がサニーサード・ストリートと歌っていた。ピアノジャズではないけれど、これもよかった。熱唱だった。

«  円丈逝く | トップページ | 正蔵・喬太郎 ガチンコ二人会 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

«  円丈逝く | トップページ | 正蔵・喬太郎 ガチンコ二人会 »