無料ブログはココログ

« 「カラーパープル」 | トップページ | キルギスの野っ原 「父は憶えている」 »

2024年2月13日 (火)

菜の花忌シンポジウム

菜の花忌」のイベントに行ってきた。場所は文京区のシビックホール。

 今回で27回になるという。今年初めて参加した。昨年は抽選ではずれた。ことしのシンポジウムのテーマは『街道をゆく』。 

 このシリーズは43冊になるのだそうだ。そんなに出ていたのかと驚く。「週刊朝日」に連載中にいくつかは読んだ、あとは数冊しか読んでいない。

Dsc_3768

  今回のパネリストは、今村翔吾岸本葉子磯田道史。そして司会は古屋和雄。みな、全部か、だいたい読んでいるようで、今村さんは、中学生のころ全部読んだんだそうだ。すごい。

 司馬遼太郎は、当然のことながら予備知識を詰め込んでから目的地に行った。現地を歩くとその予備知識が崩れていく、それが愉しいと語っていたという。なるほどと思う。現地でなければ味わえない空気がある。

 司馬遼太郎は周辺部を歩いた。たとえば琵琶湖の周辺とかスペインのバスク地方とか。そのあたりに司馬遼太郎の文化観があると。いったことが話し合われた。

深く広い内容だったが、簡潔に紹介するのは難しい。この様子は4月にNHKで放送される(たぶんEテレ)、それをご覧いただきたい。

 菜の花がステージいっぱいに飾られていた。なんとなく葬式のようでもあるが、ま、追悼忌だからそれでよい。

 司会の古屋さんは元NHKのアナウンサー。今回、著作の一部を朗読した。これがよかった。一級の朗読。さすがである。

« 「カラーパープル」 | トップページ | キルギスの野っ原 「父は憶えている」 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「カラーパープル」 | トップページ | キルギスの野っ原 「父は憶えている」 »