無料ブログはココログ

« 「ミセス・クルナス VS. ジョージ・W・ブッシュ」 | トップページ | 「悪は存在しない」 »

2024年6月 6日 (木)

生田寄席 古今亭寿輔

 生田寄席に行ってきた。今回は古今亭寿輔。あのラメ入りの派手な衣装の師匠である。

 今回も明るい鶯色の着物で高座に上がる。しゃべらないうちに、くすくす笑いが起きる。

 いつものように自虐ネタ。私のようなどうでもいいような噺家を聴きに来ていただいて・・・そんなに笑わないでください。お嬢さん。まだ何もしゃべってません。と、客いじりが始まる。

 きょうのマクラは長い。と思っていたら、まだ何をやろうか、浮かんできませんので、どうでもいい話をつづけさせていただきます、との言い訳。

240605135025201

 途中で、テトロンの羽織を脱いで、女性客に着てみませんかと渡す。テトロンのいいところは夏暑くて冬寒い。撮っていいですよ、というのが、この写真である。

 途中、小噺のような短い噺「英会話」を挟んで、またマクラに戻る。刑務所を慰問したときのエピソードや女性落語家の話。結局、中入りなしでラストまで演じた。

 自虐ネタと客いじり(笑いすぎる客をいじる)に終始した。

 ま、たまには、こんな落語会があってもよいか。

« 「ミセス・クルナス VS. ジョージ・W・ブッシュ」 | トップページ | 「悪は存在しない」 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ミセス・クルナス VS. ジョージ・W・ブッシュ」 | トップページ | 「悪は存在しない」 »