無料ブログはココログ

映画

2024年2月23日 (金)

「サン・セバスチャンへ、ようこそ」

 ウディ・アレンは80過ぎても90近くになっても精力的に撮り続けている。出来不出来はともかくとして、歳を重ねるにつれ肩の力が抜けた軽妙な作風になっている。数年前に作った「女と男の観覧車」が気に入っている。ケイト・ウィンスレットの演技がすばらしかった。

 最新作は「サン・セバスチャンへ、ようこそ」。アートセンターで観てきた。不安定な夫婦関係がベースとなる、いかにもウディらしい作品に仕上がっている。

Dsc_3779-1

 大学で映画を教えていたモート(ウォーレス・ショーン)は映画の広報をしている妻のスーとともにスペインのサン・セバスチャン映画祭にやってくる。スーは新進監督のフィリップに惹かれているようで、モートは気が気でない。心臓が痛いと病院に出かける。そこで診察を受けた魅力的な女医のジョーに心を奪われていく。なんとか仲良くしたいが、そう、うまくは行かない。 

 モートが見る夢はモノクロ。名画のパロディのような夢である。「81/2」「突然炎のごとく」「勝手にしやがれ」「男と女」「野いちご」・・・60年代あたりの名作である。私のような高齢の映画ファンなら、うきうきした気分になる。この夢のシーンだけでも観る価値がある。

 死神とチェスをするシーンがある。これは「第七の封印」。ここが笑える。死神は、野菜と果物をちゃんと食べ、適当な運動をせよと健康アドバイザーのような言葉を残し消えていく。笑いがこみあげてきたが、声を発するのは抑えた。

 とういうことで、高齢の映画ファンには堪えられない。時間をおいてまた観てみよう。DVDでもよい。

 それにしても、ニューヨークへのあこがれの気持ちがよく出ている映画である。ウディ・アレンが合衆国に立ち戻ればたちまち逮捕されてしまう。死ぬまでニューヨークに行くことはない。

 ついでのひとこと

 映像はなかったが、イナガキの「忠臣蔵」に言及するセリフがあった。イナガキとは稲垣浩監督。私は観ていない。ウディ・アレンは気に入っていたのだろう。

 

2024年2月15日 (木)

キルギスの野っ原 「父は憶えている」

  キルギスの名を知ったのは、学生のころ、エセーニンの詩によってである。その一節。

    きみらにはわがくにの光は 明るく映るか?  

    マンドリン弾きが淋病を酒で治療中  

    キルギスの野っ原でもらって来たというその淋病を

  キルギスは草原の国らしい。ソ連邦の一部だったが、連邦崩壊後、独立国となった。カスピ海沿岸、カザフスタンやウズベキスタンに隣接する小国である。

 そのキルギスを舞台にした「父は憶えている」をアートセンターで観てきた。

Dsc_3772

 ロシアに出稼ぎに行って音信不通だった老人が23年ぶりに村に帰ってくる。事故で記憶と声を失っていた。昔の写真を見せても記憶はよみがえらない。息子や家族はその姿に戸惑うが、さらに問題があった。男の嫁さんは再婚して家を出ていたのだ。家族だけでなく元妻も動揺する。

 映画はそのあたりの人間模様を詳しくは映し出さない。ムスリムの布教活動や村の変化を淡々と描いている。鉄道も敷かれ貨物列車が走っている。高速道路と思われる道路も整備されている。村ではあるが、都市化の現象も見られる。ゴミ、とりわけ粗大ゴミが散乱している。

 老人は黙々とゴミを片づける。元妻は動揺を隠せないでいる。再婚した相手は金持ちらしい。レクサスに載っている。

 ドラマチックには描かない。結末というか今後どう展開するかも明らかには示さない。わずかなヒントはあるとしても。

 ま、それでよい。ムスリム社会での女の意志といったものの芽生えがうっすらと感じられる。

 

 

2024年2月 9日 (金)

「PERFECT DAYS」

 役所広司がカンヌ映画祭で男優賞を受賞した「パーフェクト ディズ」をアートセンターで観てきた。監督はヴィム・ヴェンダース。舞台は東京、出演者も日本人。セリフも日本語。ふつうの日本映画である。

Dsc_3440-1

 平山(役所広司)は澁谷の公衆トイレの清掃員。平山の日常が描かれる。仕事はきちんとこなしているが、寡黙で友人はいない。仕事が終われば銭湯に行って浅草の居酒屋で一杯。夜寝る前には古本屋で買った文庫本を読む。幸田文とかパトリシア・ハイスミスとか。

 平山は時代遅れの男である。音楽はカセットテープで聴く。オーティス・レディングとかアニマルズ。たまに行くケスナックではママ(石川さゆり)が「朝日のあたる家」を日本語で歌う。胸のポケットに入れているカメラはフィルムカメラ。昼に公園の木洩れびを撮る。

 昭和である。時代遅れだけど、それが居心地よい。河島英五の「時代おくれ」の歌詞を思い出す。目立たぬように はしゃがぬように、似合わぬことは無理をせず・・・。

 平山にとって、パーフェクトディズとは、居心地のよい日々ということか。波乱もある。同僚の若者に振り回されたり、家出してきた姪の面倒をみたり。それもさざ波程度のことでルーティンを崩すことはない。

 本好きにとっては平山の読書傾向に興味がいく。幸田文の「木」、フォークナーの短編集、本の題名はわからなかったがパトリシア・ハイスミス。ハイスミスには「アメリカの友人」などの作品がある。「太陽がいっぱい」の原作は彼女だ。いずれにせよ、渋い。

 ヴェンダース監督は、穏やかな日々のなかに人生の歓びも小さな悲しみがあることを描いている。それが平穏なパーフェクトな日々なのだ。

 役所広司のほほえみが印象に残る。いい映画だ。お勧め。

 もうひとこと。ヴェンダース監督は小津安二郎を敬愛していることはよく知られている。平山という名は「東京物語」で笠智衆が演じた主人公の名前と同じである。

2024年2月 5日 (月)

「きっと、それは愛じゃない」

 イギリス映画である。でも、登場する人の多くはパキスタン人、舞台も半分以上はパキスタン。

Dsc_3752

 ドキュメンタリー監督のゾーイは知り合いのパキスタン移民のカズが見合い結婚をすると聞く。いまどき、親が決めた相手と結婚するとはどういうことか、パキスタン式の見合い結婚に興味を抱いたゾーイはそれを映画化しようとし、パキスタンに向かう。

 パキスタンの多くはムスリムである。インドとは違う。でも、結婚式や前夜祭はポリウッド映画のようである。我々にはインドもパキスタンも区別できない。ま、それはともかくとして、カズの結婚相手の女性には密かに愛し合う男がいた。それを隠しての結婚であった。

 ドタバタありのラブコメディである。メグ・ライアンが主演した何年も前の映画を思い出す。麻生さん風に言うと、おばさんが喜びそうな映画である。けなしているのではない。最近の若者の恋愛ものはそれほどおもしろくない。理解不能な点もある。中高年はこの程度のものがよい。

 登場人物が多くてややこしいけど、結末がこうなるだろうとの予測は裏切られることはない。安心して観ることができる。

 それにしても寒い。昼になっても気温は上がらない。雪になるということだが、どんよりしたまま。

2024年2月 1日 (木)

「哀れなるものたち」

 米アカデミー作品賞の候補となっている「哀れなるものたち」をイオンシネマで観てきた。

 奇怪な映画だ。一人の女性の冒険物語かと思っていたが違っていた。

Dsc_3750

 19世紀のロンドン。著名な外科医バクスターは、命を絶った女性(脳死状態)から胎児を取り出して脳に移植する。生き返ったベラ(エマ・ストーン)は成長するが、まともではない。歩き方がぎこちないのはともかくとして、食欲は旺盛、マナーも常識はずれ。バクスターは弟子のマックスと婚約させるが、奔放なべラは弁護士のデカダンと出奔してしまう。二人はリスボンで快楽をむさぼるが、ベラは他の男とも遊ぶ。ダンカンはベラを軟禁して豪華客船で旅に出る。

 ダンカンは船中のカジノで大勝ちをするが、ベラは貧しい子供たちにその金をやってしまう。一文無しになってしまうのだが、ベラは動揺することはない。パリに行って娼館で働く。性欲を満たし金も稼いで、ロンドンに戻る。

 といった物語だが、ベラが平気な顔でやり過ごすからそれほど波乱な人生とは思えない。さらに身に着けているものは貴婦人風、部屋も豪華な作りだから切実感はない。映像もおとぎ話のように美しい。そう、この映画はCGを駆使したファンタジーなのだ。とはいえ、グロテスクな場面もあるし、下品な会話もある。まともじゃないベラは周りを翻弄する。 

外科医のバクスターにはフランケンシュタインのような切り傷(手術の痕か)ある。ベラ自身の立場もフランケンシュタインのようでもあり、さらにピノキオでもあり、ピグマリオン(マイフェアレディーのイライザの原型)でもある。

 男たちは思うようにコントロールできない。ベラは抑圧をはねのけて自らの意志で生きていく、といった趣旨の映画か。そう思えば、愉快なウーマンリブとも映る。

 

2024年1月26日 (金)

「ゴールデンカムイ」

 日本海側は大雪になった。関東南部は雪は降っていないけどひどく寒い。重ね着をし、カイロをポケットに入れて外出している。

 そんな折り、給湯設備がおかしくなった、床暖房が効かない。風呂も沸かせない。クゾッ! と叫びたいけど、震災に遭った人を思えばそれほどのことではない。

 北海道はどうか、などと思いながら「ゴールデンカムイ」を観てきた。原作はコミックということだが、もちろん読んではいない。アイヌを扱っているとのことで観ることにした。

Dsc_3744

 二百三高地の激戦の場面から始まる。杉元(山崎賢人)は超人的活躍をして「不死身の杉元」と呼ばれるようになる。除隊後、杉元は北海道に渡って砂金採りをする。そこでアイヌから奪ったという金塊の話を聞く。強奪した犯人は網走刑務所にいて、隠した金塊の在処がわかる暗号を囚人たちの背中に彫って彼らを脱獄させたという。秋元はさっそく金塊探しを始める。途中でアイヌの少女アシリバ(山田杏奈)と出会い、一緒に脱獄犯が結集するという小樽に向かう。といったストーリー。

 金塊をねらう陸軍の中尉(玉木宏)が登場する。金塊を軍資金にして軍事政権樹立をたくらんでいる。これにからむのが土方歳三など箱館戦争を戦った連中。コミックだから荒唐無稽なのは承知、別に驚くほどのことではない。奇っ怪なのは杉元の敵役となる中尉である。頭蓋骨から脳汁が涙のように流れる異形で、杉元の前に立ちふさがる。

 アイヌの生活も背景に描かれる。カワウソ料理が出てくる。リスも食べる。逆に、アシリバは味噌をウンコだと嫌う。

 原作はさらに続いているとのこと。映画もシリーズ化されると思われるがわからない。ここまででも娯楽作として十分楽しめる。

 で、給湯器であるが、メンテナンス会社の人に来てもらった。面倒な個所の修理だったようだが、無事もとに戻った。今夜は安心して眠れる。

 

2024年1月24日 (水)

シネマ歌舞伎「唐茄子屋」

 銀座で飲み会があった。それまでに時間がある。銀座なら東劇に近い。シネマ歌舞伎を観ることにした。演目は「唐茄子屋」。落語ではおなじみの人情噺である。宮藤官九郎が脚色している。演出も。

 クドカンだからちょっと悲しい人情劇も滑稽な舞台となる。「不思議国之若旦那」というサブタイトルがついているようにファンタジーでもある。出演は、中村勘九郎七之助獅童など。荒川良々も出ている。

Dsc_3740-1

 放蕩の末の勘当。吾妻橋から身投げをしようとする若旦那の徳。これを助けた叔父から唐茄子(カボチャ)の棒手振りをやるよう命じられる。荷売りなどできない若旦那だが、なんとか助けられ、かぼちゃ二つ残して売れる。とある貧乏長屋で弁当を広げるのだが、腹をへらした子供に弁当を与え、さらに母親に売り上げの金を渡してしまう。それを見つけた大家が溜めた家賃の代金だと財布を取り上げてしまう。悲嘆した母親は首をくくるのだが・・・。落語だと悲惨なストーリーとなるパターンもある(たとえば談志は人情と悲劇をミックスさせている)のだが、ここはクドカン、ユーモアあふれる喜劇仕立ての結末にしている。最後は、これまたおなじみの「大工調べ」に展開を変えている。

 「大工調べ」では早口でまくし立てるシーンがある。聴きどころである。ここをデュエットでやる。落語通には嬉しい筋立て。わかりやすい歌舞伎となっている。

 それにしても自由奔放である。どこまでが脚本どおりか、それともアドリブなのかわからない。亡くなった勘三郎はアドリブをふんだんに入れていたが、勘九郎や獅童もおなじようにアドリブ全開。客席とのやりとりも笑える。

 落語では「待ってました!」というかけ声が入ることがある。今回の舞台、「それほど、待たしてねえよ」と返すシーンがある。笑える。

2024年1月18日 (木)

「TILL ティル」

 アートセンターで「TILL」を観てきた。黒人差別を扱った映画。ナチスを扱った映画もそうだが、たくさんあると類型的になりやすいテーマとも言える。

Dsc_3715

 1955年、ミシシッピ州マネーで起きた「エメット・ティル殺害事件」は有名らしいが、わたしは知らなかった。

 シカゴに住む14歳のエメット(愛称ボボ)はミシシッピ州の叔父の所にひとりで遊びにいくことになる。母親のメイミーは、人種差別の激しいところだから十分注意するよう言い聞かせて送り出す。

 エメットは食料品店で白人店員に口笛を吹いた。軽い気持ちであったが、これを知った白人の男二人はエメットを拉致し、暴行を加え殺してしまう。そして遺体を川に投げ捨てる。

 メイシーは嘆き悲しむが、敢然として事件に立ち向かう。葬儀で棺を開いて暴行された遺体をさらし、事件のむごさを世間に訴える。

 以上が前半。後半は捕まった二人の容疑者の裁判となる。犯行は明白のように思われたが、弁護人は、遺体がエメットかどうか疑わしい、女店員にニセの証言までさせて反証して裁判をコントロールしようとする。

 裁判結果はここでは書かない。

 メイシーを演じるダニエル・デッドワイラーの演技がすばらしい。子を思う気持ちが痛いように伝わってくる。

 黒人差別に地域差があったことは頭では知っていたが、あらためてこれほどかと知らされた。

2024年1月12日 (金)

「コンクリート・ユートピア」

 韓国映画「コンクリート・ユートピア」をイオンシネマで観てきた。上映予定はなかった。それが急遽上映することになった。理由は、アカデミー賞候補だからか。

Dsc_3707-1

 地殻変動により大地震に見回れたソウル。倒壊を免れた高層マンションには家をなくした人が押し寄せてくる。それをかくまう住民もいるが、不法占拠だと嫌う住民もいる。自治組織は既存住民以外の居住を認めるかどうかの選挙を行う。結果は追い出すことになる。自治組織のリーダーに選ばれたヨンタク(イ・ビョンホン)は先頭にたって活動し、追い出しに成功する。以後も食料調達や治安維持につとめる。

 といったストーリー。政府や警察がどのような動きをしているのかわからないのでリアリティに欠ける部分もある。反面、行政の無能さやソウルの住宅事情を皮肉っているようにも思わせる。

 二度「埴生の宿」が静かに流れる。あばら屋だけども我が家にまさる家はない、といった歌詞。このマンションがどのようになろうとも我が家だとほのめかしている。埴生の意味を知らないとただのBGMになってしまうが・・・。

  瓦礫は、能登の震災を思わせる。ガザのようでもある。さらに自警団は関東大震災の朝鮮人虐殺事件にまで連想は広がる。

 

2024年1月 4日 (木)

「枯れ葉」ことし最初の映画

 新年早々、能登で大きな地震が起きた。震度7。大津波警報も出された。死者は少ないかと思っていたら、だんだん増えていく。停電が続き、道路も寸断されている。大変なこっちゃ。

 続く2日は、羽田で日航機と海保機が衝突した。日航機の乗客で死者はでなかったが、海保機では乗員5人が亡くなった。

 年末は、崩れたクリスマスケーキが配達されたと大きく報道されていたが、なんとも眠たい緩い記事だった。それに比べて今年は大災害で始まった。

Dsc_3707

 今年最初の映画は、カウリスマキ監督の「枯れ葉」。アートセンターで観てきた。満席だった。

 男女の物語である。ふたりはカラオケバーで出会うが、名前も交わさないまま別れる。アンサはスーパーマーケットで働いていたが、賞味期限切れの食品を持ち帰ろうとしてクビになる。人も賞味期限切れの食品とおなじように捨てるのかと嫌味を言うが事態は変わらない。ホラッパは工事現場で働いているが、いつも酒が手放せない。それが見つかり、こちらも職を失う。ふたりは再び出会い、映画を観たりするが、相手の電話番号を書いた紙をなくして連絡がとれなくなる。すれ違いの関係となる。

 といった場面を緩いユーモアでスケッチのように描いている。カウリスマキ風である。

 ラジオから流れてくるのはロシアのウクライナ侵攻のニュース。今を描いているのだが、それがないと、古い60年代(日本なら昭和)のような雰囲気が漂っている。舞台となるヘルシンキは現在でもこんな感じなのか。

 冒頭、よく知っている曲が流れる。「枯れ葉」ではない。「竹田の子守歌」。この歌、フィンランドでも知られているのか。「枯れ葉」はエンドロールで流れる。シャンソン風ではなく、明るく歌っている。

 クスリと笑えるシーンがいくつもある。軽い。この軽さがいい。深刻であっても深刻さを感じさせない温もりがある。

より以前の記事一覧